水道に使われる蛇口の修理と交換

家庭内にいろいろとある水回りの設備には、蛇口など水量をコントロールするためのものが取り付けられています。水道管には水が圧力をかけて送られてきますが、そのままでは吹き出して止められないため蛇口が必要です。圧力に耐えるために作られており、構造も複雑なことから、どうしても部品の劣化が進みやすくなっています。そのため、修理が必要になりやすい箇所です。

■パッキンの交換は難しくない

水道の蛇口は、設備として複雑な形状を持っています。単純な構造の場合、漏れてくる場所は少なくなります。水道管を考えてみると分かりますが、管が破損しなければ両端から以外はほとんど漏れてくることはありません。蛇口は細かな部品からできており、基本的な構成だけでは隙間ができあがります。そこで、漏れてこないようパッキンが使われているのが特徴です。
パッキンはゴムでできている部品であり、水に触れます。水に触れることで、ゴムの成分が流れ出してしまい、どんどん柔軟性を失うのが問題です。柔軟性を失えば、隙間を埋めることができなくなり、水漏れを起こします。
修理の方法はそこまで難しくありません。消耗品となるパッキンやコマなどを交換するだけです。交換するためには、モンキースパナやマイナスドライバーを用意する程度で済みます。パッキンやコマはホームセンターなどで手に入れることが可能です。

■やがて耐用年数の限界を迎える

蛇口の修理はそこまで難しくありませんが、いずれ本体自体が耐用年数を超えるのが問題です。いつまででも壊れず使えるものと思ってしまいがちですが、摩擦を受けている部品はだんだんとすり減るため、やがて限界を迎えます。この限界が耐用年数であり、水道の蛇口も例外ではありません。
耐用年数としては、おおよそ10年と考えられています。割れたり変形したりする物理的な限界ではなく、すり減ってくれば隙間ができあがり、パッキンとは関係のない場所から水漏れを起こし始めるため、本体の交換が必要です。消耗品だけ面倒を見ていても、こうした限界がくれば水漏れを起こすため、時期がきたら交換を予定しておくと良いでしょう。

■まとめ
蛇口から水が漏れる状況は、経済的にも損害を与えます。わずかな水漏れと思っても24時間漏れ続けるため、水道代がどんどん加算されるのが大きな問題です。耐用年数を考えて限界を迎える時期になったとき、修理だけではなく本体の交換も考慮しておけば、こうした心配もせずに長く安心して使うことができるでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ