トイレの水道から流れる水が修理が必要な水漏れを起こす

水道がつながっている設備はいろいろとありますが、水漏れが起きて困るのはトイレです。大量の水を使う設備で、水道管が接続されているため、タンク型の場合には漏れ出た分だけ補給される状況が出てきます。水が無くならず永遠に止まらない悪循環に陥る危険性があるため、問題が発生した場合はできるだけ早く修理をするなど、対処をすることが大切です。

■ひび割れたことで発生する水漏れ

トイレのトラブルの中でも深刻な問題となるのが便器からの水漏れです。便器は陶器でできており、丈夫な構造ですが、ヒビでも入れば水が流れ出してくる危険性があります。大量に水を使うだけではなく、一度入ったヒビ割れは元に戻ることがありません。
何か硬いものをぶつけたことが引き金になるパターンも多く見られます。周囲に何も物は置いていないと思っていても、棚を作っていたりする場合も多く、地震で棚板が落下して便器へ激突するということはよくあります。棚の上に乗っていた小物が衝突する場合もあるため、できるだけ物を置かないという配慮が必要です。
便器やタンクが割れると、交換をする必要性が生じます。大規模な修理も必要になるため、日ごろから注意しておくようにしましょう。

■地震などの強い力で破損するケースもある

トイレの水漏れは、便器の中に水が漏れてきたりするだけではなく、水道管から漏れたりすることもあります。地震などで強い力を受けると、それだけで水道管がずれて力がかかるようになります。見た目だけではそこまで分からない場合もありますが、余裕を持たさず取り付けられていると、ストレスがかかりダメージを受けます。水道管が割れるケースはまれですが、取り付け位置からひび割れが生じ、そこから漏れる場合もあります。
突然強い力がかかった場合、水が少しずつ漏れだすのではなく、勢いよく噴き出すケースも出てきます。水が吹き出すケースは、周囲も濡らしてしまうため、止水栓を閉めるなどの対処が必要です。最近ではウォシュレットなど電気を使うケースもあるので、修理の前にブレーカーを落とし、電気を遮断するなど感電にも注意をすることが大切です。

■まとめ
トイレの水漏れは、深刻な問題を引き起こしやすいトラブルです。特に外的な力がかかった場合には、思いもよらないことが起きます。あらかじめ想定することは難しいものの、止水栓を閉めるといったことは、誰にでもできることです。いざというときのためにもどこにあるのか確認し、必要な道具を用意することも含めて、トラブルが起きたときにはすぐに対応できる状況を作っておくと良いでしょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ